Blogブログ

お役立ち情報や商品知識などをブログで発信しています。

結婚指輪っていつから着けるの? 挙式日派編

2人で悩んで決めた結婚指輪を購入し無事ご自宅に届いた頃、1つの疑問が浮かんで来ます。
「結婚指輪って一体いつから着ければ良いのだろう?」
婚約指輪はプロポーズを受けてから入籍まで、と比較的分かりやすいのに対して、結婚指輪を付け始める時期というのは明確に決まっていません。

 

大きく「挙式日派」と「入籍日派」に分かれるのですが、どうして2通りに分かれるのでしょうか?
そこで今回は、結婚指輪を挙式日から身に付ける理由をご紹介します。

 

まず、結婚式が夫婦にとって大きな節目であると考えている方に向いています。

特に、西洋式のウエディングでは、リングピローに結婚指輪を寝かせておき、指輪を交換する儀式がありますよね。

 

その際、初めて結婚指輪に指を通すことで神聖な気持ちになれる、良いスタートを切るための覚悟ができる、という考えの方が多いです。

 

また、結婚式というのは大変多くの方々に参列してもらい、その中でも指輪交換というのはとても注目を集めるシーンでもあります。その際に傷がついたり、汚れたりしているのは避けたいと思う方も多いのではないでしょうか。

 

そして、時期的な問題ではあるのですが、結婚式の方が入籍よりも早いという方も、挙式後から身に付けることが多いようです。

 

いかがでしたか?
今回は、「挙式日派」の意見をご紹介しました。
次回は、もう1つの「入籍日派」にオススメの方の特徴についてお話しします。

関連記事