Diamondダイヤモンドの選び方

ダイヤモンドの「4C」~価値評価の基準~

  • HOME
  • ダイヤモンドの選び方
ダイヤモンドの価値基準4C

ダイヤモンドの「4C」~価値評価の基準~。ダイヤモンドはカラット、カラー、クラリティ、カットの4つのCによりその希少価値を評価します。

ダイヤモンドのカラット

ダイヤモンドのカラー

カラットはダイヤモンドの大きさだと思われがちですが、実は重さの単位のことです。
1カラットは0.2gと定義されていています。

カラットのグレードについて

カラットのグレードはカラット重量が重いほど価値が上がるとされています。

婚約指輪には0.2カラット以上のものを選ぶのがおすすめです。
それ以下になるとどうしてもボリューム感がなくなってしまい、ダイヤモンドを使った指輪の良さがなくなってしまうので、ある程度の大きさをお勧めしています。

ダイヤモンドのカラー

ダイヤモンドの4C、カラー

ダイヤモンドの色を表す価値基準です。
無色透明だというイメージが強いダイヤモンドですが、黄色味を帯びたダイヤモンドも多く 純粋に無色のものほど美しく見えます。

カラーグレードについて

カラーのグレードは最も価値の高い無色のものが「D」とランク付けされています。

A、B、Cというランクはなく、ダイヤモンドの頭文字「D」から始まることを知っておくとよいでしょう。
Dから始まるダイヤモンドの中でD・E・Fはカラーレス、G・H・I・Jはニアカラーレス、K・L・Mはフェイント、N・O・P・Q・Rはベリーライト、Sより下のランクはライトと呼ばれています。
グレードが下がるにつれ、黄色味がかったダイヤモンドになる特徴があるのです。

婚約指輪にはGカラー以上を選ぶとよいでしょう。

ダイヤモンドのクラリティ―

ダイヤモンドの4C、クラリティ

クラリティはダイヤモンドの透明度を表す指標のことで、内包物や傷がないことも、このクラリティでグレード分けされます。
天然のダイヤモンドは炭素が地球深部の強烈な圧力にさらされた結果としてできたものなので、全く内包物が含まれていないダイヤモンドは稀なものなのです。
完全に不純物のないダイヤモンドはありませんが、不純物の少ないダイヤモンドの方が価値は高くなります。

クラリティグレードについて

クラリティは大きく6つのグレードに分けることができます。
価値の高い順から

・FL/IF フローレス・インターナリーフローレス
・VVS ベリーベリースライトリーインクルーデッド
・VS ベリースライトリーインクルーデッド
・SI スライトリーインクルーデッド
・I インクルーデッド

クラリティはダイヤモンドの輝きを決めるのに当たってはもちろん重要な要素となります。婚約指輪にはVSクラス以上を選ぶのがおすすめとなっています。

ダイヤモンドのカット

ダイヤモンドの4C、カット

4Cの中で唯一職人の手腕によって価値が変わるのがカットです。
ダイヤモンドのカットの形状(プロポーション)によって輝き方や美しさが大きく変化します。
対称性と研磨が他の宝石には見られないダイヤモンドならではの輝きを生みます。

カットグレードについて

カットのグレードは価値の高い順から

・Ideal Cut アイデアルカット
・Excellent エクセレント
・Very Good ベリーグッド
・Good グッド
・Fair フェア
・Poor プアー

カットはダイヤモンドの輝きを決める最も重要な要素なので、どれだけ大きなダイヤモンドを選んでもカットのランクが低いとダイヤモンドが本来持つ輝きを放つことができません。

婚約指輪には基本的にエクセレント以上のものを選ぶと良いでしょう。