Blogブログ

お役立ち情報や商品知識などをブログで発信しています。

  • HOME
  • ブログ
  • 指の形状に合わせた結婚指輪のデザイン選び 7つのポイント

指の形状に合わせた結婚指輪のデザイン選び 7つのポイント

あなたの個性に合った、世界で一つのお気に入りの結婚指輪(マリッジリング)を作るためのポイントを静岡KITAGAWA Bridalスタッフがお伝えします!

結婚を夢見る女性たちは、子供の頃から結婚指輪に多大なる憧れを抱いています。
結婚情報雑誌だけでなく、たくさんのパンフレット、写真を見ては、自分に合う指輪を夢見ていると言っても過言ではないでしょう。

だけど、指の形や長さは様々で実際に素敵だと思った指輪をつけてもても、「イメージと違う」「なんだかしっくりこない」という思いを抱いたことがある方が多いと思います。普段の指輪と違って、一生に一度の大事な結婚指輪を作るとなると、これらのマイナスイメージは事前に綺麗さっぱり払拭したいと思うのは当然のことです。

私も自分の指輪を選ぶときに、同じように違和感を感じ、いろいろと時間をかけてしまいました・・・。
実は私には、指が短くて関節が太い、白くないという三大悩みがあって、かなりのコンプレックスがありましたが、自分の指と相性の良いデザインに決めることが出来ました!

そこでお伝えしたいのが、それぞれの指のタイプにあった指輪デザインです。
例えば

①指が短い人には「V字ラインデザインを強調した指輪」
これは、見た人に縦方向の線を強調することで錯覚を起こし、指を長く見せることができるようになるというものです。

②指が短くて指が太い指には、「ひねりをアーム部分に加えた指輪デザイン」を選ぶことをお勧めします。
この錯覚視覚効果が指を長く見せてくれることで、太さにおける、マイナスイメージを解消してくれます。

③関節が太い人向けの指輪は、「宝石・模様などのデザインが施されていないシンプルなもの」か「エタニティリングと呼ばれる、一定のデザインがぐるりと一周して施されているもの」がいいでしょう。
太めの関節を通過して指の根元でくるくる回ってしまうことを想定してのデザインで、例え、指輪がくるりと回ってしまった時でも、どの角度から見てもデザインが同じなので安心ですよね。

④指が細くて長い方には、「ボリュームや厚みを抑えてシンプルなデザイン」をオススメします。
ボリュームと厚みもある指輪デザインだと指が貧弱に見えてしまうことがあるので避けたほうがいいのです。

⑤指が太くて長い方は、少し太めのリングであったり、ボリュームと厚みもある指輪デザインが良いです。
細いシンプルすぎるデザインの指輪であればあるほど、せっかくの指輪が貧弱に見えてしまう効果があるのお勧めできせん。

⑥指が短い上に細い方は、S字ラインのデザインの指輪を。
薬指の面積が最大に見えるS字ラインのリングは 指自体を長く見せる効果があるのでお勧めです。

⑦小麦色肌の人には、イエロー系やピンク系のゴールド素材のリングカラーをお試しください。
または、シルバー系とイエロー系の2色トーンリングが良いでしょう。結婚指輪の定番となっているシルバー系のプラチナと小麦色肌は相性がよくないのです。

いかかでしょう?
あなたの指のタイプは見つかりましたか?
これらの基礎知識を知っておくだけでも、前より自信を持ってあなたの指にマッチした指輪を選ぶことができますよね♪

もちろん、何よりも重要なのは何度も何種類も実際に試着してから、ご自分の指の長さや太さにあって、さらに納得した指輪のデザインを見つけ出すことが重要です。ですから、お店で十分納得できるまで試着可能なお気に入りのお店を探しましょう。決して、一度も指に試着もしないでイメージだけで、インターネットなどで購入することはお勧めしません。今では家電などをネットショッピングすることは当たり前に定着してきたと言えますが、一生に一度の高価な貴重な結婚指輪に関しては、とても危険です。実際に、ネットショッピングで指輪を購入した後に、イメージや大きさがしっくりこなかったり合わなかったりで、返送や修正などをすることで結局高くついてしまったという声も多いらしいです。

最後になりますが、世界で一つのお気に入りの結婚指輪を作るためのポイントは、自分の個性を知ってそれに応じたデザインを探した上で、何回も納得がいくまで試着をしてから決断することが大切です。あなたが心から納得出来る素敵な指輪と出会われることを願っています。

関連記事