Blogブログ

お役立ち情報や商品知識などをブログで発信しています。

指輪のサイズ直しができない場合の対処法とは?

指輪のサイズが合わなくなったら、購入店や専門店でサイズ直しをしてもらう必要があります。

しかし、すべての指輪がサイズ直しできるわけではありません。

今回は、サイズ直しできない指輪と、できない場合の対処法についてお話ししたいと思います。

・サイズ直しできない指輪

プラチナやゴールドといった、結婚指輪の素材として人気の高いものはサイズ直しできますが、金属アレルギーが出にくいチタンなどの新素材は、サイズ直しが難しいです。

また、彫刻が施された指輪は、サイズ直しができたとしても、デザインが変化してしまいます。

・サイズ直しできない場合の対処法

サイズ直しができないから、指輪はもう身に着けられなくなるのでは、せっかくの指輪も宝の持ち腐れになってしまいます。

指にはめられない方におすすめなのは、指輪をチェーンに通して、ペンダントとして身に着ける方法です。

これであれば、料理をしているときでも外す必要がありませんし、デザインが変化することもありません。

 

いかがでしたか。
普通に生活していても、指輪がはめられなくなることはあります。

サイズ直しができなくても、指輪をチェーンに通せば、指輪を変えることなく身に着けることができます。

ぜひ参考にしてください!

関連記事