Blogブログ

お役立ち情報や商品知識などをブログで発信しています。

ダイヤモンド付き結婚指輪はどうして汚れるの?

「最近結婚指輪が汚れてきた…」
「すぐダイヤモンドの部分がくすんでしまう…」

夫婦の愛の証である、結婚指輪。毎日付けっ放しの方も多いのではないでしょうか?

日常的に使うアクセサリーだからこそ、できるだけ綺麗な状態を保ちたいですよね。

今回は、結婚指輪によく用いられるダイヤモンドが、汚れる理由についてお話しします。

■ダイヤモンドは油を弾かない

ダイヤモンドの見分け方として、油性ペンでダイヤモンドに書き込むというものがあります。

ダイヤモンドは油性ペンで線を描けます。

しかし、偽物のダイヤモンドはインクを弾くので、上手く線を描けないのです。

ダイヤモンドの表面は油を弾きづらく、親油性が高いことがわかります。

普段からダイヤモンドをつけていると、皮脂、汗、化粧品、油などがダイヤモンドに付着してしまいます。

それらは油なので、ちょっとこすっただけでは取れず、ダイヤモンドの輝きが失われてしまうのですね。

汚れがついてすぐに気づいた場合には、メガネ拭きなどで拭くと、ダイヤモンドの輝きを取り戻せます。

しかし、長年使っている結婚指輪を「今すぐ綺麗にしたくなった!」ということもありますよね。

使われている宝石がダイヤモンドの場合は、食器用洗剤など、油を落とせる洗剤で洗うと、汚れが取れます。弊社では磨き直しのアフターサービスも行なっております。

お気軽にご相談ください。
メモリアルジュエリーである結婚指輪。綺麗にして、大切に使ってくださいね。

関連記事