Blogブログ

結婚指輪や婚約指輪のお役立ち情報や商品知識などをブログで発信しています。

  • HOME
  • ブログ
  • 婚約指輪の加工とは?印象が大きく変わる加工の種類【静岡市】

婚約指輪の加工とは?印象が大きく変わる加工の種類【静岡市】

婚約指輪の加工

婚約指輪はデザインや素材だけでなく、テクスチャー(表面の質感)によっても印象が変わってきます。フルオーダーやセミオーダーなら、自分たち好みのカスタムが可能なので、細部までこだわりたいものです。

ここでは表面の加工や仕上げの種類、特徴などについて紹介していきます。メリット・デメリットも踏まえて参考にしてみてください。

表面加工は「つやあり」か「つや消し」

指輪の表面加工は大きく二つ「つやあり」と「つや消し」に分けられます。婚約指輪の定番は表面に光沢と輝きのある「つやあり」ですが、たくさんの種類があり個性の出せる「つや消し」という選択肢もあります。

それぞれの特徴や、メリット・デメリットを見てみましょう。

■つやあり

「鏡面仕上げ」や「グロス仕上げ」と呼ばれ、その名の通り表面を鏡のように磨き上げる、最もポピュラーな加工方法です。ものが映り込むほどキラキラに仕上げられた表面は、高級感や豪華さを演出します。

プラチナやゴールドなど、素材本来の輝きが引き立ち、存在感があります。そして、ダイヤモンドとの相性が非常によく、それぞれの放つ輝きとツヤが高級感を高めます。着け心地もツルツルで指触りが良く、清潔感があるのも特徴です。

デメリットは小さな傷が付きやすいことです。しかし実は、鏡面仕上げの方がメンテナンスがしやすく、日々のお手入れもクロスで拭くだけで汚れが落とせます。傷が気になる人は、磨き直しのサービスについて事前に確認しましょう。

つや消し

表面を磨き上げず、わざと細かな凹凸を付け光沢を消す「マット加工」と呼ばれる加工です。上品で指なじみの良い、落ち着いた雰囲気に仕上がります。主張しすぎないため、結婚指輪では男性にも人気があります。

最大のメリットは傷が目立ちにくいことです。もともと表面に凹凸があり、指輪自体の主張も強くないため、傷が目立ちません。重ね付けもしやすく、他のアクセサリーとも合わせやすいのもポイントです。

デメリットは、着用しているうちに表面が摩耗し、マット加工が消えてくるということです。自分で修復することは難しいため、再加工を施してもらわなくてはなりません。つや消しの指輪でもアフターサービスの確認は必要です。

マット加工の種類

つや消しにはさまざまな種類や加工法があります。マットな仕上げでも輝きを持つものもあり、質感・肌触りも異なります。代表的な6種類を紹介します。

■ホーニング

代表的なマット加工の一つです。空気の力で表面に細かい粒子を吹き付け、光沢を抑えます。最もポピュラーで、人気のあるつや消しの仕上げです。

渋く落ち着いた印象になるのが特徴で、普段アクセサリーをしない人も抵抗なく身に付けられます。

■ヘアーライン

その名の通り「髪の毛のすじ」のような細かいラインを無数に入れる加工です。マット加工の一つですが、ホーニングに比べると光沢も残せます。

フルオーダーの場合、ラインの方向も指定できることもあります。傷が目立ちにくい仕上げです。

■サティーナ

ヘアーラインよりも細かいラインを入れていく加工です。上質なサテン生地のような印象の仕上げになります。

マットな質感ですが、程よい光沢もあり、上品な高級感が出せます。

■ダイヤモンドポイント

ごく微小のダイヤモンドの粒で表面を研磨する加工です。ホーニングよりも荒い仕上げで、ザラザラとした質感になるのが特徴です。

凹凸により生まれる輝きがクラシカルな印象を与えます。

■スターダスト

星屑を散りばめたような印象になる加工です。加工方法は、特殊な工具で彫りを入れたり、ダイヤモンドの先端でランダムに叩いたりといくつかあります。

断面が乱反射し角度により輝く、華やかな仕上げです。

デザイン加工

マット加工以外にも、表面の仕上げ方法はあります。鏡面仕上げでも、ポイントとなるデザイン加工を施すことも可能です。

■ミルグレイン

指輪の表面や縁に、小さな丸い粒を連続して施していく加工です。ぐるりと一周粒が並ぶと、ぐっとラインが引き締まり、豪華さがあります。

「つやあり」はエレガントに、「つや消し」はアンティークな印象になります。

■槌目

槌(ハンマー)で表面を叩き模様を付けていく加工です。使う槌の形(平・丸・横)や、叩く力の強弱によって表情も変わり、世界に二つとないデザインになります。

「つやあり」「つや消し」でも大きく印象が変わります。

■模様彫り

表面に彫刻をする加工です。ロゴやハート、植物や動物などモチーフはさまざまで、職人の手彫りやレーザーなどで彫刻します。非常に個性的なデザインに仕上がります。

まとめ

婚約指輪の加工
代表的な加工方法や仕上げの種類について紹介しました。紹介したものが全てではなく、店舗やブランドによっては呼び名の違いや、さらに細かい種類も存在します。どんな加工が可能なのか確認してみましょう。

また、組み合わせによりデザインの幅はグンと広がります。鏡面とホーニングのハーフ加工にしたり、一部だけスターダスト加工を施したり、組み合わせは無数にあるのです。

これから婚約指輪や結婚指輪の購入を検討している人は、自分たちらしい指輪選びの参考にしてみてください。

関連記事

新型コロナウイルス感染症への対策

皆様に安心してご来店いただけるよう、新型コロナウイルス等の感染予防及び拡散防止のため、従業員の手洗い・うがい・マスク着用・店舗のアルコール消毒他、徹底した対策を実施しています。
GO TOブライダル応援キャンペーン
静岡KITAGAWA BridalのWEB来店予約

静岡KITAGAWA Bridal 店舗情報

【KITAGAWA本店】
静岡県静岡市葵区呉服町2-8-2
☎ 054-252-0453
🕓 10:30 ~ 19:30 第二㊌、第三㊌定休
→ KITAGAWA本店 詳細情報


【ANNIVERSARY】
静岡県静岡市葵区紺屋町1-9
☎ 054-269-5520
🕓 11:00 ~ 19:00 ㊌定休
→ ANNIVERSARY店 詳細情報

結婚指輪について

生涯使い続ける結婚指輪だからこそ、確かな品質とサポート体制で、おふたりの人生に寄り添う存在になれることを目標としています。静岡市の呉服町と紺屋町に個性の違う2店舗を展開、人気のブランドや最新のデザインを常に取り揃え山梨県甲府市の提携工場で結婚指輪の開発からメンテナンスまでを行います。店内には40種類以上の国内、海外の人気ブライダルリングブランドの結婚指輪を取り揃え、シンプルなものからキュートやエレガントなデザインまで多岐に渡るラインナップを網羅しています