Blogブログ

結婚指輪や婚約指輪のお役立ち情報や商品知識などをブログで発信しています。

婚約指輪の輝きを保つ保管方法【静岡市】

永遠に変わらない愛を誓って贈られる婚約指輪。ダイヤモンドがあしらわれているデザインは、女性なら誰しもが憧れを持つ指輪です。

そんな婚約指輪は、日常使いするよりも、特別な日だけ身につけるという人も多く、婚約指輪は保管されている時間が長いことが特徴です。

しかし、正しく保管しなければダイヤモンドの輝きが失われてしまったり、湿気や埃によって貴金属が劣化してしまったりすることがあります。

婚約指輪の輝きを永遠のものにするために、正しい保管方法で美しさをキープしましょう。

汗や汚れは拭き取る

婚約指輪を身につけると、必然的に汗や皮脂が付着します。状況によっては、ハンドクリームなどの保湿剤が付いたり、食事の油などが付着したりする場合もあります。

このような汚れを付けたまま保管してしまうと、ダイヤモンドや貴金属が曇ってしまう原因になります。

身につけた婚約指輪は、乾いているやわらかな布で汚れをしっかり拭き取ってから保管することがおすすめです。

もしも、セルフケアでは取り除けない汚れが付着している場合は、ジュエリーショップに持参してクリーニングしてもらいましょう。

ふた付きの専用保管ケースに入れる

婚約指輪の輝きを保つ保管方法【静岡市】
婚約指輪で用いられるようなプラチナやゴールド、ダイヤモンドなどの貴金属や宝石は、それなりに強度があります。しかし、保管中に他のジュエリーと擦れるなどの衝撃があると、傷が付いたり、変形したりする原因になります。

たくさんのジュエリーが入るジュエリーケースもありますが、大切な婚約指輪は他のジュエリーとは分けて保管できるような、婚約指輪専用の保管ケースを準備することがおすすめです。

また、婚約指輪は直射日光や埃、空気に触れることで酸化し、劣化する原因になってしまいます。このような劣化を防ぐためにも、保管ケースを準備する場合は、ふた付きのケースを選び、ふたを閉めて保管するようにしましょう。

婚約指輪の保管ケースと一緒に、指輪の保証書や鑑定書も保管しておくと、アフターサービスなどの依頼もスムーズにできます。指輪と別々に保管すると、見つからないという場合もあるため、探す手間を少なくするためにも、一緒の保管がおすすめです。

風を通して湿気を取る

婚約指輪は直射日光や埃、空気との接触を控えるため、ふた付きの専用保管ケースに入れておくことが望ましいです。

しかし、婚約指輪を長い期間保管ケースに収納したままにしてしまうと、湿気が原因で黒ずんでしまうなど、素材が劣化してしまう可能性があります。そのため、除湿を目的としてふたを開け、湿気を取り除くと美しい婚約指輪の維持に有効です。

ただし、保管ケースに除湿剤を一緒に入れて湿気を取り除く方法はNG。除湿剤を使って極端に湿度を取ってしまうと、宝石が変色したり、ヒビが入ってしまったりなど、破損の原因になる可能性もあります。

婚約指輪には、ある程度の湿気が必要であることを理解し、定期的に保管ケースのふたを開けて風を通して、ケース内の湿気を取り除くようにすると、輝きがキープできます。

定期的にメンテナンスする

貴金属である指輪は静電気を帯びると埃を集めてしまう性質があり、ダイヤモンドは油を吸着する特徴があります。そのため、放置してしまうと簡単には落ちない汚れに変化してしまう可能性があります。

そのため、指輪を着用していなくても、定期的にメンテナンスを行うことは指輪の美しさをキープするうえで大切なことです。

指輪のメンテナンス方法は、宝石や貴金属の種類によって異なるため、事前にジュエリーショップへメンテナンス方法を確認しておくことがベター。

持っている婚約指輪に適したメンテナンスを行って美しさのキープを目指しましょう。

ジュエリーショップによっては、アフターサービスとして指輪のクリーニングを行っている場合もあるため、プロにお手入れの依頼をすることも美しさをキープするうえで有効な方法です。

婚約指輪を正しく保管して永遠の輝きをキープしよう


常に身につけることを目的とした結婚指輪とは違い、婚約指輪は保管する期間の方が長い指輪です。しかし、婚約指輪にはプロポーズのときの感動や、結婚を決意した思いが詰まった指輪であり、いつまでも大切に保管しておきたいもの。

しかし、そんな婚約指輪でも、知識がなければ、ついつい指輪を外してそのまま汚れを落とさずに収納したり、ファッションリングなどと一緒にアクセサリーケースに収納したりと、婚約指輪にとって悪影響を及ぼす可能性のある収納をしてしまいがち。

正しく保管すれば、永遠に美しい状態をキープできるので、婚約指輪に合った保管方法を取り入れましょう。

また、婚約指輪は小さいアクセサリーであり、紛失のリスクがあるもの。専用の保管ケースに入れて保管しても、大切にするあまり、どこに保管したか思い出せないこともあります。

保管場所を決めたら夫婦で場所を共有して忘れないようにすることも、保管では大切なポイントと言えます。

関連記事

新型コロナウイルス感染症への対策

皆様に安心してご来店いただけるよう、新型コロナウイルス等の感染予防及び拡散防止のため、従業員の手洗い・うがい・マスク着用・店舗のアルコール消毒他、徹底した対策を実施しています。
静岡KITAGAWA BridalのWEB来店予約

静岡KITAGAWA Bridal 店舗情報

【KITAGAWA本店】
静岡県静岡市葵区呉服町2-8-2
☎ 054-252-0453
🕓 10:30 ~ 19:30 ㊌定休
→ KITAGAWA本店 詳細情報


【ANNIVERSARY】
静岡県静岡市葵区紺屋町1-9
☎ 054-269-5520
🕓 11:00 ~ 19:00 ㊋㊌定休
→ ANNIVERSARY店 詳細情報

結婚指輪について

生涯使い続ける結婚指輪だからこそ、確かな品質とサポート体制で、おふたりの人生に寄り添う存在になれることを目標としています。静岡市の呉服町と紺屋町に個性の違う2店舗を展開、人気のブランドや最新のデザインを常に取り揃え山梨県甲府市の提携工場で結婚指輪の開発からメンテナンスまでを行います。店内には40種類以上の国内、海外の人気ブライダルリングブランドの結婚指輪を取り揃え、シンプルなものからキュートやエレガントなデザインまで多岐に渡るラインナップを網羅しています。ダイヤモンドはグローバルスタンダードであるGIA(アメリカ宝石学協会)の鑑定書付の最高級クラスをリーズナブルなプライスでご提供しています。これから指輪探しをする方のために結婚指輪についての知識をご紹介いたします。もともと結婚指輪は古代ローマ時代が起源とされています。その後ヨーロッパでも風習として広がり、16世紀ごろに指輪の交換が行われ出したそうです。リング(輪)の形は、途切れず永遠に終わらないことを意味し、お二人の絆がこの先も永遠に続くよう願いを込めておふたりで交換するのが結婚指輪なのです。結婚指輪はおふたりの絆と愛情の証しとされ、以前では特別な時にだけしか着用しないことが多かったようですが、近年では仕事中でも休日でも日常生活で常に着用する方が殆どです。静岡KITAGAWA Bridalでは時流のトレンドだけでなく、これから何十年もご愛用いただける品質、飽きの来ないデザインを創業100年以上の豊富な経験からご提案させていただいております。生涯使い続けるものだから、ご購入後のメンテナンスも非常に大切です。社内工房と提携工場にてクリーニングやサイズ直しなど50年間無料のアフターサービスも充実していますので安心して結婚指輪をご使用いただけます。

婚約指輪について

いつの時代でもの女性が憧れる愛の約束「プロポーズ」。アニメーションやドラマのワンシーンでもある素敵なプロポーズシーンは強く印象に残り、どんな女性でも憧れそして夢に見ることでしょう。女性にとってのエンゲージリング(婚約指輪)は、夢と愛の象徴のようなもので、結婚の約束をするときには最も相応しい贈り物と言えるでしょう。静岡KITAGAWA Bridalでは、将来への素敵な夢を見る男性様、女性様に「生涯の宝物」になるような婚約指輪のご提供を心がけております。静岡KITAGAWA Bridalでは、1000種類以上のリングデザインとご予算に応じたダイヤモンドをセレクトして組み合わせ世界にひとつだけのオリジナルのエンゲージリング(婚約指輪)を心をこめて製作しています。デザインテイストは主にシンプル系、キュート系、エレガント系、クラシカル系をご用意し、様々なお好みのご要望にお応えすることが可能です。女性スタッフだけでなくサプライズプロポーズ経験のある男性スタッフも常駐していますので、指輪のことだけでなくサプライズプロポーズの演出のことまでお気軽にご相談くださいませ。エンゲージリング(婚約指輪)は、セッティングされたダイヤモンドが力強く輝き「あなたを一生大切にします!」という意味が込められます。静岡KITAGAWA Bridalではダイヤモンドにもこだわりがあり、国内ルート、海外ルートから確かな品質のダイヤモンドをリーズナブルにご提供できるように買付を行っております。特に人気があるのはD-IF-3EXCELLENTのダイヤモンドです。カラー、透明度、カッティングプロポーションの各グレードが最高ランクであり、極上の輝きをお約束いたします。様々なご予算にも対応しており、エンゲージリング(婚約指輪)は10万円からご用意しております。ご婚約が決まりましたら是非静岡KITAGAWA Bridalへお気軽にご相談下さいませ。