Blogブログ

結婚指輪や婚約指輪のお役立ち情報や商品知識などをブログで発信しています。

  • HOME
  • ブログ
  • “一生もの”ウエディングリングに適した材質とは?【静岡市】

“一生もの”ウエディングリングに適した材質とは?【静岡市】

結婚指輪の素材について

指輪で使われる材質には、いくつかの種類があることをご存じですか?

“一生もの”の宝物になるともいえる婚約指輪や結婚指輪は、デザインだけでなく、指輪の材質にもこだわることが大切です。

日常使いしやすい材質であるか、長い期間輝きが保てるか、肌に合っているかなどの観点から選ぶためにも指輪の材質を比較し、納得できるウエディングリングを取り入れましょう。

指輪の定番の材質

指輪には、さまざまな材質の種類がありますが、「定番」と言われる材質があります。定番として多くの人に選ばれる特徴を持つ指輪の材質についてご紹介します。

■プラチナ

プラチナとは、日本語で“白銀”と呼ばれ、銀白色の輝きを放つ貴金属です。希少性の高い材質であり、プラチナの白さが花嫁にふさわしいという観点から、結婚指輪の素材として人気があり、古くから用いられてきました。

耐久性に優れているため、長い期間使用しても変色や変形が起こりにくいという特徴があります。

プラチナは柔らかい特徴を持っているので、加工がしやすく、デザインを表現しやすいという点もプラチナの強みと言えます。さらに金属アレルギーが起こりにくいため、金属アレルギーを持つ人も着用できます。

一方、柔らかい材質であるために傷つきやすく、毎日着用するには不向きな材質でもあります。そのため、ウエディングリングには強度を上げるために別の金属を混合していることが多いです。

■ゴールド

金色の発色が華やかさとファッショナブルさを演出するゴールドは、日本人の肌になじみやすく、手元を美しく見せてくれる効果があります。

配合する金属によって色味に変化を出すことができるので、ピンクゴールドやホワイトゴールド、イエローゴールドなど、豊富なカラーバリエーションで個性を演出することが可能です。

ゴールドは柔らかい素材のため、耐久性が劣ります。そのため、ほかの金属と混合した合金がウエディングリングに適しています。

ゴールドには、金含有率を表す数値が表されていることが一般的です。24Kが純度100%、18Kはゴールド75%にほかの金属が25%含まれていることを示しています。ウエディングリングには18Kもしくは14Kが多く選ばれています。

プラチナと比べて抑えられた価格でありながらも、耐久性はほとんど変わらないのでコストパフォーマンスに優れている点もゴールドの魅力です。

オリジナリティあふれる材質指輪には、定番の材質以外でも指輪の材質として適している材質があります。

多くの人と同じような指輪ではなく、ふたりらしいウエディングリングを選びたい場合は、さらに視野を広げてさまざまな材質を見ていきましょう。

■チタン

チタンは強度が高く、耐久性に優れた特徴を持っています。傷がつきにくく変形しにくい、錆びにくいという特徴のほか、重さはプラチナのおよそ4分の1という軽さにも魅力があります。

そのため、指輪の着用にストレスを感じにくいラフな着け心地が期待できます。チタンは人工関節などにも使用されるほど、身体にやさしい材質なので、金属アレルギーを持っている人でも長時間着用することが可能です。

但し加工やメンテナンスをし辛い素材となるため、メンテナンスをしながら数十年間使う結婚指輪の素材としては不向きな場合が多いです。

■シルバー

市場で展開されているアクセサリーに多く使用されているシルバーは、手ごろな価格が魅力な貴金属です。高価なウエディングリングを購入することに抵抗のある人にも取り入れやすいといえます。

シルバーは、貴金属の中でも光の反射率が高く、強い輝きを放つ特徴があります。その反面、シルバーは黒ずむ性質があるため、黒ずみを防止するための加工が施されていることが一般的で、磨くなどのメンテナンスを行うことも必要になります。

シルバーはシンプルなデザインからダイヤモンドなど宝石をあしらった華やかなデザインまで、幅広く豊富なデザインにすることも可能です。

オーダーメイドであってもリーズナブルな価格で作れるので、オリジナリティあふれるウエディングリングを用意することができます。

■パラジウム

パラジウムは、プラチナに似た白銀の輝きを放つ貴金属です。硬くて耐久性が優れているので、プラチナやゴールドに混合される“割れ金”として利用されます。

軽量なので指輪の重量を感じにくく、軽い着け心地が特徴です

まとめ

結婚指輪
ウエディングリングを選ぶ際は、デザインや宝石の大きさなどを重要視しがちですが、指輪の着け心地や自身の体質、メンテナンスの必要性、予算など、指輪の材質が持つ性質にも目を向けてみましょう。

材質の特徴を理解して素材を選ぶことは、長年にわたって着け心地がよいと感じる指輪に出会える方法といえます。

関連記事

新型コロナウイルス感染症への対策

皆様に安心してご来店いただけるよう、新型コロナウイルス等の感染予防及び拡散防止のため、従業員の手洗い・うがい・マスク着用・店舗のアルコール消毒他、徹底した対策を実施しています。
静岡KITAGAWA BridalのWEB来店予約

静岡KITAGAWA Bridal 店舗情報

【KITAGAWA本店】
静岡県静岡市葵区呉服町2-8-2
☎ 054-252-0453
🕓 10:30 ~ 19:30 ㊌定休
→ KITAGAWA本店 詳細情報


【ANNIVERSARY】
静岡県静岡市葵区紺屋町1-9
☎ 054-269-5520
🕓 11:00 ~ 19:00 ㊋㊌定休
→ ANNIVERSARY店 詳細情報

結婚指輪について

生涯使い続ける結婚指輪だからこそ、確かな品質とサポート体制で、おふたりの人生に寄り添う存在になれることを目標としています。静岡市の呉服町と紺屋町に個性の違う2店舗を展開、人気のブランドや最新のデザインを常に取り揃え山梨県甲府市の提携工場で結婚指輪の開発からメンテナンスまでを行います。店内には40種類以上の国内、海外の人気ブライダルリングブランドの結婚指輪を取り揃え、シンプルなものからキュートやエレガントなデザインまで多岐に渡るラインナップを網羅しています。ダイヤモンドはグローバルスタンダードであるGIA(アメリカ宝石学協会)の鑑定書付の最高級クラスをリーズナブルなプライスでご提供しています。これから指輪探しをする方のために結婚指輪についての知識をご紹介いたします。もともと結婚指輪は古代ローマ時代が起源とされています。その後ヨーロッパでも風習として広がり、16世紀ごろに指輪の交換が行われ出したそうです。リング(輪)の形は、途切れず永遠に終わらないことを意味し、お二人の絆がこの先も永遠に続くよう願いを込めておふたりで交換するのが結婚指輪なのです。結婚指輪はおふたりの絆と愛情の証しとされ、以前では特別な時にだけしか着用しないことが多かったようですが、近年では仕事中でも休日でも日常生活で常に着用する方が殆どです。静岡KITAGAWA Bridalでは時流のトレンドだけでなく、これから何十年もご愛用いただける品質、飽きの来ないデザインを創業100年以上の豊富な経験からご提案させていただいております。生涯使い続けるものだから、ご購入後のメンテナンスも非常に大切です。社内工房と提携工場にてクリーニングやサイズ直しなど50年間無料のアフターサービスも充実していますので安心して結婚指輪をご使用いただけます。

婚約指輪について

いつの時代でもの女性が憧れる愛の約束「プロポーズ」。アニメーションやドラマのワンシーンでもある素敵なプロポーズシーンは強く印象に残り、どんな女性でも憧れそして夢に見ることでしょう。女性にとってのエンゲージリング(婚約指輪)は、夢と愛の象徴のようなもので、結婚の約束をするときには最も相応しい贈り物と言えるでしょう。静岡KITAGAWA Bridalでは、将来への素敵な夢を見る男性様、女性様に「生涯の宝物」になるような婚約指輪のご提供を心がけております。静岡KITAGAWA Bridalでは、1000種類以上のリングデザインとご予算に応じたダイヤモンドをセレクトして組み合わせ世界にひとつだけのオリジナルのエンゲージリング(婚約指輪)を心をこめて製作しています。デザインテイストは主にシンプル系、キュート系、エレガント系、クラシカル系をご用意し、様々なお好みのご要望にお応えすることが可能です。女性スタッフだけでなくサプライズプロポーズ経験のある男性スタッフも常駐していますので、指輪のことだけでなくサプライズプロポーズの演出のことまでお気軽にご相談くださいませ。エンゲージリング(婚約指輪)は、セッティングされたダイヤモンドが力強く輝き「あなたを一生大切にします!」という意味が込められます。静岡KITAGAWA Bridalではダイヤモンドにもこだわりがあり、国内ルート、海外ルートから確かな品質のダイヤモンドをリーズナブルにご提供できるように買付を行っております。特に人気があるのはD-IF-3EXCELLENTのダイヤモンドです。カラー、透明度、カッティングプロポーションの各グレードが最高ランクであり、極上の輝きをお約束いたします。様々なご予算にも対応しており、エンゲージリング(婚約指輪)は10万円からご用意しております。ご婚約が決まりましたら是非静岡KITAGAWA Bridalへお気軽にご相談下さいませ。